似顔絵や挿絵イラスト・絵本など企業・個人様のご依頼を「絵本作家 むらかみしの」が承ります!

MENU
水彩 イラスト 雲
お問い合わせはこちら

ブログ

2022年8月/第2回絵本フェス

 

【第2回 絵本フェス】

8/12(金) 10:00〜16:00
愛知県大府市おおぶ文化交流の杜

 

春にお声かけいただきましての参加です。
久しぶりに絵本のイベント!
何作あるんだろ…絵本冊子たくさん持っていきます。

わたしは13:00〜
ステージで読み語りパフォーマンスあります。

懐かしいくせに新鮮な
「MissingMoon〜おつきさまさがして〜」
10年前の作品です。

ある晩突然いなくなってしまったお月さまを
少女みつきが猫に変身して
黒猫ガリレオと一緒に探しにいくお話。
月、夜、ドロップ、パンケーキ、魚、海、真珠…
モチーフが好きで、パフォーマンス用に新たに描き直したりもしています。

これを描いている時、初めて「読み語りやろう」と思ったのでした。
クラフトイベントメインで参加していたので、テーブルに置いてお客様に見ていただけるのは表紙だけ。
どれだけ中身に面白いものがつまっていても、15×20cmしか見えないわけです。
なんてもったいないんだろう。

やるからには音楽が必要です。
そこで友人の作曲家Yusicianにお願いして、読み語りのスピードに合わせて、場面ごとに曲を作ってもらいました。
彼の音楽は、いろんなところで音を採取してミックスしたりアレンジしたり、自然の音が入っている。
コミカルでいながら、夜のひんやりした冷たさや不思議も感じられて、物語をとてもいい具合に演出してくれました。
今ならわたし、これに歌もつけられるかな(笑)
当時は音楽は歌うものであって、わたしには作るものではなかったから。

そんな、10年前の作品。
猫の夜の不思議な物語を読みたくて、無いから描きました。
あと、舞台的な書き割り背景みたいな表現。
今より細かなタッチだから、並べるとこちらの表現の方が最近だとか上手いとか思うひとも多いかもね(笑)

何度も、何度でもまた違う表現で、同じものを描きたい。
描き切れて無い部分もたくさんあるし、どんどん世界はふくらむ。
そうやって想像を創造していく。
たのしくてたまらないよね。
あの向こうに何があるか、いつも探してる。
どんどん入っていく。
それが、誰かと一緒だと、なお楽しいよね。